留年生が編入試験に合格するまでと合格してから

留退力学

編入後

就活は、大都市圏の大学が圧倒的に有利だ

更新日:

就職活動をしていて、編入して都会の大学に来てよかったと思います。

就職活動中のたろうです。

就職活動は不平等

就職活動をやっていると学歴フィルターというのを聞きます。

学歴フィルター自体は実際あると思います。

私自身、説明会の合間に社員さんと話していると、大学が有名か?(頭良いか?)で得している時と損している時があるなと思いました。

 

私自身は、編入前も編入後も(一応)国立なので、あほな大学と言われることは無いですが

知名度の低い大学なので、関西を離れると、大学のネームバリューは下がります。

たろう
私立大学生にあほな大学と思われてマウント取られた

学歴フィルターや大学の知名度もあるけど、大学の立地もあると思います。

大都市圏の大学は就活が有利

結論を言うと東京の大学が就活において有利だと思います。

企業の説明会は本社の他だと、東京・大阪・名古屋で行われることが多いです。

大企業になると東京の説明会は必ずありますし、実施回数が一番多いです。

当然、東京の学生のほうが説明会や選考に参加しやすく有利です。

説明会の実施場所を見ていると、東京を筆頭に大阪・愛知、その周りの県という感じで就活が有利だと思います。

 

東京の大学でも2次選考や3次選考になるとお金がかかるよ!!と思うかもしれません。

2次選考や3次選考で本社に来い。というときは、まともな企業であれば交通費ぐらい出してくれます。

ですから、東京の学生のほうが恵まれています。

企業は平気で東京に呼びつける

リクナビやマイナビに登録していると、スカウトメッセージなどという形で

「説明会するから来ませんか?」というメッセージが着ます。

業種や仕事内容をみて面白そうだ!と思っても説明会が東京だけで断念したことがあります。

たろう
地方を元気にする事業をしている企業が東京でしか説明会でやらないのは笑った

京都から東京まで行くとなると往復1万円ぐらいかかるので、1企業の説明会のためだけに行けません。

来てほしいなら金だせや。と思うこともありますが、そんなことも言えませんので、地方の学生は良い企業に出会う機会を失っています。

地方の公共交通機関は死んでいる

以前の大学の地域だと、JRが小さな私鉄しかありませんでした。

JRの本数も少ないし、東京や大阪のように路線が多く無いので出かけるのも大変でした。

今思うと、あの地域で就職活動をするのはとても大変だと思います。

 

駅まで行くのに20分、電車に乗っても快速なんかありません。

これは私の地元でも同じで、企業の説明会に行こうとすると、自家用車が無いととても無理です。

 

地方で就活するのはめちゃくちゃ大変なので、大都市かその隣の県の大学に進学しないと就職活動が大変です。

就活で有利な大学は東京の大学

これから編入試験を受ける人や大学受験をする人に行っておきたいのは、就職するなら東京の大学が一番良い。ということです。

特に東京の国公立大学だと名前も通るし、

お金が許すのであれば、東京の大学に入ると就活が有利です。

たろう
なんだかんだ言って、東京本社の企業は多いです。
有利??不利??編入生の就職活動!

編入後1年するとやってくる就職活動 同じ大学で4年間過ごすのと、編入するのとどう違うのか? 今回は、編入を経験した私の経験から書いていきます。

続きを見る

 

 

-編入後

Copyright© 留退力学 , 2019 All Rights Reserved.