留年生が編入試験に合格するまでと合格してから

留退力学

就職後

社会人になって思ったことと。これからのこと

更新日:

4月に就職して、4か月がたちました。研修を経て配属されて仕事も少しずつ覚え始めました。

4か月たって思ったことを書いておきます。

思ったこと

思ったことを羅列していきます。

会社ってすごい。新卒採用ってやばい

まず入社して思ったことが、会社ってすごいということです。

例えば、100人いる会社なら100人に対して給料を払って、それでも利益が出る。

平均すれば1人20万以上は払っているから、毎月2000万円+αのお金を出してるんだからすごいですね。

100人の人が給料もらって生活しているんだから会社って存在するだけで地域貢献や社会貢献になるんだな。と思いました。

 

同時に感じたことが、新卒採用ってやばいってことです。

大学を出たというだけで、下駄をはかせてもらって1年目から20万ぐらいの給料をもらっていて、

しかも、働き始めてから数か月は教えてもらってばかり、新卒採用ってやばいな。と思いました。

学歴はあった方が良い

私が就職したのはメーカーで、工場もあります。

当然工場で製造に携わる人もいて、その人達の多くが高卒です。

 

高卒だからバカだとか現場仕事なんだ。とかは思いませんが

高卒で就職すると、会社が人事が柔軟で、かつ運もよくないと

優秀な人でも、現場仕事又は現場の管理で終える人が多いのでは?と思いました。

 

一方で、大卒や修士となると、入社した段階で、開発とか研究とかいろんな仕事に就く可能性があります。

高卒でも大卒最初は何もできないのに、大卒というだけで、最初から開発やら経理やら研究やらと違う仕事ができます。

現場仕事がやりたい人は別ですが、

”大卒”というだけなのに仕事が違うんだから学歴はあった方が良いな。と思いました。

編入の価値は、あんまりない。

私の実感として、

編入すると、編入先の大学卒になりますが、

最初に入ったのは別の大学なので対して評価されません。

しいて言うと、「大学1~2年の時に一生懸命受験勉強してたんだなぁ」ぐらいの評価です。

編入先が、旧帝とかなら違ってくるのかもしれませんが、

私立からそこらの国立に編入したとしても、「あ~頑張ったね~」ぐらいの評価で終わりだろうなと思いました。

意外と社会人できる

就職活動を終えると、襲ってくるのが内定ブルーです。

就職活動中は内定をもらうことで頭がいっぱいだけど、いざ働くことが決まると、仕事、生活環境など新しい環境に適応できるのか?と不安になっていきます。
こういうのが内定ブルーです。

私自身、大学では遅刻しまくり複数回の留年と、クズの見本みたいな生活をしていたので

絶対無理だろ。3日と持たない

と不安に駆られていました。ただ実際に働いてみると、案外どうにかなります。

たろう

毎日同じ時間に起きるので、起床時間のバラバラな大学時代よりも楽です。

あと、最初の数か月は8時間働くのがしんどいけど、慣れたら家帰って飯作るぐらい平気になります。

散歩とか筋トレとかの趣味もやろうと思えばできます。

それぐらいなんとかなります。

これからのこと

まあ、当然だけど、就職して終わりではないし、

人生100年社会だし、年金も健康保険もくそ高い。

2年目からは住民税もかかる。

今の会社の給料と昇給ペースだと、どうやっても豊かになれない。

 

家建ててミニバン乗って、子供は奨学金で大学にぐらいはできるけど、

そんな生活は面白くないし、豊かじゃない

 

私は、より良い待遇で働ける仕事を探すし、それにつけるような努力をしようと思います。

 

今は、ビジネスレベルで英語の読み書きできるようになるというのが目標です。

 

また、今後どういう経験を積めば転職しやすいかを考える判断のために転職サイトに登録しました。

-就職後

Copyright© 留退力学 , 2019 All Rights Reserved.