留年生が編入試験に合格するまでと合格してから

留退力学

プロフィール

プロフィール 

更新日:

留年編入を経験した管理者の経歴を書いています。

高校から大学入学まで

10でアホ15で凡人と言われ、偏差値50の高校へ進学しました。確か300人中170位ぐらいでした。

 

入学後に血迷ったのか

「国立大学に入りたい。」

と言い始め、勉強を始めました。

高校から国立大学に進学するのは5人程度

 

なぜか地方国立大学に合格しました。

大学入学から留年、編入まで

国立大学に入学するも1年前期から躓き、留年ルートに進みます

1年後期2年前期と留年ルートから外れられず…

2年後期、留年決定

 

専門科目に嫌気がさして、2年後期を終えて編入試験の受験を決意しました。

このあたりのことは、下の記事くわしくに書いてあります。

留年と逃避……私が編入試験の受験を決めた理由

私が編入試験の受験を考えた理由を 最初に入った大学での生活と併せて紹介します。

続きを見る

 

昼間は図書館で試験勉強、夕方はコンビニバイト。

留年して仕送りが無くなったため、掛け持ちでピザ屋のバイトを始めました。

原付の運転中にダンプに突っ込んだら死ねるなと考え始めたので数週間で退職しました

 

ピザ屋辞めてからはもう死ぬ気で勉強しました

編入試験~現在

編入試験では、数学、専門科目、英語、小論文、面接が課されました

英語は何を書いてあるかわからなかったので適当に埋めたけど、数学が良かったからか合格しました。

3年生から3年生に編入学。

入学後、単位が少なすぎて進級が怪しいという事実が発覚しました。

でも、年間60単位取得して4年生に進級しました。

連絡先など

仕事のご依頼等ございましたら、問い合わせフォームからお願いします。

問い合わせフォーム

 

編入や留年について質問などは質問用フォームからお気軽にどうぞ

質問用フォーム

-プロフィール

Copyright© 留退力学 , 2019 All Rights Reserved.