留年生が編入試験に合格するまでと合格してから

留退力学

Uncategorized

HONDAのFITはオトクだからぜひ買ってほしいという話

投稿日:

2月14日にHONDAのFITがフルモデルチェンジされました。

 

一言で言うとすごくオトクです。

 

前モデルよりも高性能なハイブリッドシステムe:HEV

HondaのFITは今回のモデルチェンジで4代目になります。

FITは2代目の途中からハイブリッド車がラインナップされています。

2代目は、IMAシステム。3代目はi-DCD。新モデルはe:HEVです。
ただし、そんなこと言ってもわからないと思います。

ようは、オデッセイやアコードといったホンダの高級な自動車と同等なハイブリッドシステムです。

e:HEVって、前のハイブリッドとどう違うの?

FITに搭載されたe:HEVは、ホンダでいうところの2モーターのハイブリッドシステムです。

今までのFITは、エンジンがメインでモーターはサブでした。

しかしe:HEVは、モーターが主でエンジンがサブという感じです。

 

モーターで走った方が良い状況(低速)は、モーターで走る。エンジンの方が良い時は、エンジンで走る。という役割分担がされているのがe:HEVです。

日産e-powerなんか目じゃない

日産のe-powerとかいうモーターでしか走れないハイブリッドシステムがあります。

e-powerは、駆動はすべてモーターで、エンジンで発電した電力でモーターを動かしています。

ハイブリッド車というよりも、発電機付き電気自動車と称するのが適切なように思います。

 

しかし、(自称)技術の日産が推すe-powerは、ホンダやトヨタのハイブリッドシステムと比べて、技術的に簡単で安いというメリットがありました。

実際、新型FITのHEVの最廉価モデルと、日産ノートのe-powerを比べると、ノートのほうが安いです。

FITは、車にこだわらない人の最適解だと思う。

新型FITが発表されたとき、RSが無いと叫ぶ人がいました。

車にこだわる人やは、中古でランエボでも買っていればいいんです。

 

でも、FITとかノートとかコンパクトカーに乗っているの大多数は、通勤や買い物に使うのがメインで、たまに遠出をするぐらいだと思います。

FITは、4人が乗るなら快適だし、日常で使うのには十分な自動車だと思います。

高級車と比べたら、振動や騒音がするけれど、高速道路に乗っても軽自動車ほどやかましくなりません。

近年、自動車メーカーはアメリカや他国で発売したのち日本で発売することが多いのですが、FITは日本が発売国です。

この辺り、ホンダがガチンコで取り組んでいるのがわかります。

 

ノートe-POWERなんていう、モデルチェンジを先延ばししたインチキハイブリッドを買うなら、

新型FITに乗った方がよっぽどいいかと思います。

 

-Uncategorized

Copyright© 留退力学 , 2020 All Rights Reserved.