留年生が編入試験に合格するまでと合格してから

留退力学

小論文 数学 編入試験対策 英語 面接

私が編入試験の対策に使った本のまとめ

更新日:

編入試験の対策に使った本をまとめておきます。

数学、英語、小論文の本です。

編入試験で使った本のまとめ

編入試験は情報が無い上、対策本も少ないので試験勉強の本を探すのにも悩みました。

僕の場合、編入試験は数学、英語、小論文、面接でした。受験する大学によって課される科目は異なるので分野ごとにどういう試験があったかも併せて説明します。

多くの分野を同時に対策するので基本は簡単な本を繰り返します。

数学

編入試験で必要だった数学は、微分積分(偏微分、重積分含む)と線形代数学と微分方程式でした。

と言っても大学1~2年レベルの問題しか出されないので分厚い問題集はやりませんでした。

微分積分と線形代数学はマセマシリーズのキャンパス・ゼミ演習をやりました。

簡単すぎるという人もいますが繰り返しやることで確実に力が付きました。

微分方程式はそれほど高度なものは出されないので優しく学べる微分方程式を少しだけやりました。

私の場合は、もともと物理科にいて力学の授業で微分方程式を解かされていたので理論の前に解き方を丸暗記していました。

編入試験の問題に触れていなかったので、その補完に編入数学徹底研究を解きました。

編入数学徹底研究は数学の幅広い分野が乗っているので必要のない問題は解かずに出題される範囲だけ何度か解きました。

編入試験対策にオススメ!数学の本まとめ

編入試験で使った数学の本を紹介していきます。 微分積分、線形代数学、簡単な微分方程式、統計学の分野が出題範囲でした。

続きを見る

英語

英語は、TOEICと個別試験がありました。

まずは簡単な文法書を繰り返し音読していました。単語帳とか長文とかやりたくなるけど手が回らなくなるので文法書の単語を同時に覚えると効率が良いです。

簡単な文法書ならどれでも良いけど、僕はAll IN ONE Basicを使いました。

TOEIC対策は公式問題集をやりました。

個別試験の英語は、ライティングとリーディングが出たんですが、特に対策はしませんでした。というか時間的にできませんでした。

ライティングは大学の授業でやらされました。これも簡単な本を探して練習しておけばいいと思います。

小論文

小論文は、高校生向けの小論文対策本の簡単なやつを買いました。小論文これだけ! ―超基礎編という本です。

短大対策はこれ1冊でOKと書かれているだけに不十分に思えるけれど基礎もできないのに発展は無いのでまずこれを読んでみることをオススメします。

パターンを掴んでおかないと、なかなか書けないので見本を見ながら書いてみると良いです。

難しい言葉使えば良いとか素晴らしい意見を書けばいいとかそういうことではないので、簡単な対策本を買って自分の考えと理由を書けるようにしておけばいいかと思います。

面接

面接対策なんてどうにもならないし、そんな変なこと聞かれないので

志望動機と編入して何がやりたいかを考えておけばいいと思います。他には大学入試の面接対策本を1冊買って頭に入れておくと落ち着いて試験に挑めます。

まとめ

編入試験の対策は大学の授業と並行して行うので、1つの分野をいつまでもやっていると時間が足りません。

数学や英語ができるに越したことはないけど、時間は限られているので試験までにできる対策をやりましょう。

編入試験では、数学、英語、小論文や面接など何科目も課されるので1つができても他がボロボロでは落ちます。試験科目を把握して全体的な対策が必要です。

 

-小論文, 数学, 編入試験対策, 英語, 面接

Copyright© 留退力学 , 2020 All Rights Reserved.